>>English

・高純度の鉄ミネラルで、出生子牛の正常な胸腺・免疫力を維持します。
・搾乳中の牛や生育期の子牛などに不足しがちな鉄分が補給できます。
・鉄ミネラルの補給により、お腹の中の微生物を活発化し、栄養を無駄なく吸収します。
・お腹の中のガスを吸着し、軟便や下痢症状を緩和します。
・ニオイが軽減され、良質な堆肥やスラリーができます。

母牛・搾乳牛・乾燥牛:1頭 50〜70g/日
育成牛 : 1頭 20〜50g/日
子牛  : 1頭 10〜20g/日 

酪農学園大学 小岩正照 名誉教授 監修